教会のご案内

【教会所在地】

教会外観
〒331-0823
埼玉県さいたま市北区日進町3丁目785番地
TEL/FAX 048-652-7481

【教会へのアクセス】

<電車でお越しの方> JR高崎線、宮原駅から徒歩7分。改札を出て西口側の階段を下り、 セブンイレブンを前に見て右方向へ道を進み、すぐ左折します。200m歩いて右折、100m歩いて左折、50m歩くとT字のつきあたりに出るので、そこを右折。すぐに教会の看板が 右手に見えてきます。 <車でお越しの方:東京方面からは> 新大宮バイパス、日進南交差点を右折し、JR宮原駅西口に向います。(右手に「マクドナルド」があるのでそれを目印に)。 二つ目の信号を左折します(スーパー「Yバリュー」があります)。200mほど直進 すると右手に教会看板が見えてきます。

【宮原教会へ、歓迎】

宮原キリスト教会へ皆さんを心から歓迎いたします。 私たちの教会は、明るい喜びに満ちた礼拝を目指して励んでおります。誰でも人生 にはいろいろな悩みと心の戦いを秘めているものです。家族の問題、職場での問題、 人間関係における問題は、次から次へと起きてきます。そのような中で自分の人生を しっかりと確立してゆきたいと思います。   聖書はわたしたちに語りかけています。 「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたし(イエス)のもとに来なさい。休ませて あげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしのくびきを負い、わたしに学びなさい。 そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。」(マタイ11;28~29) イエス・キリス トのもとに心の重荷をおろすならば、わたしたちに 安らぎと平安とが与えられます。 わたしたちには生きる希望と力が必要です。イエス・キリストは、わたしたち一人ひとりを愛 しておられます。イエス様は、十字架に自らの命をかけてまで私たちの罪を赦し、救いの道 を開かれました。その事の真理と真実を知る事ができるならば、私たちは、 喜びに満ちた人生に、大きく 変えられます。 日曜日の礼拝にどうぞお出かけください。牧師が聖書から、神の 愛を語り、示してくださいます。共に聖書から人生の最も大切な事を学んでゆきましょう。

【教会紹介】

1994年11月、日本バプテスト連盟、大宮教会を母教会とし、アメリカからの宣教師夫妻と共に、宮原駅そばのビルの一室から開拓伝道を始めました。 今年(2016年)で、21年目を迎えたことになります。その間、牧師は4人代わり、無牧師の時代も経験しました。現在の教会はJR宮原駅西口より徒歩7分のところにあり、立地条件もよく、急ピッチで開発の進む、宮原駅近隣地域への伝道に心している現状です。 礼拝に来られた方全員が教会学校の聖書の学びに参加し、聖書の言葉を自ら学び、信仰に生きる喜びを確かなものとしてゆくことに心がけています。

【牧師紹介】

ごあいさつ 足立智幸・貴穂 (あだちともゆき・きほ)

2013年4月1日より、宮原キリスト教会の牧師として着任しました足立智幸と妻の貴穂です。どうぞ、よろしくお願いします。さまざまな人生の苦難を共に祈りながら乗り越え、夫婦の夢であった教会に仕える働きを、皆様と共に行えることを本当にうれしく思います。何があっても笑顔を絶やさず、皆様の苦しみを喜びに、悲しみを希望に変えるお手伝いをしたいと願っています。長年のサラリーマン生活、家事、育児等々で得た経験を生かしながら、明るく楽しい教会づくりを、皆様と共に行っていきます。皆様のご助言と、お祈りをよろしくお願いします。

足立智幸・貴穂 夫妻 

※この「にっ顔絵」は、1万人目標で似顔絵を描きながら、キャンピングカーで日本一周された、金沢の似顔絵アーティスト「にっ顔絵さゆり」さんが宇都宮に見えた時に描いていただきました。写真よりも私たちをよく表していると思いませんか?

【 牧師プロフィール】

1958年大分県佐伯市生まれ。 少年時代を関西で過ごす。 1982年東京農工大学機械工学科卒業。1982年~2013年(株)本田技術研究所にて、 2輪車、4輪車の設計に従事する。 2004年長女の自殺未遂をきっかけに クリスチャンとなり、2007年~2013年 日本バプテスト連盟の夜間神学校である「 東京バプテスト神学校」で働きながら神学を学ぶ。 妻 貴穂と2男、3女の7人家族。